心の整理

「断捨離しなきゃ」という会話を、よく耳にします。家や部屋の片付けのことですが、片付けって、なかなか取りかかれないものですね。それはもしかしたら、心の片付けができていないからではないでしょうか。

 そんなときに誰かに話を聴いてもらったり、後で説明する「心の整理」を行うと、右図のようにゴチャゴチャの心が整理されてすっきりします。心に余裕ができると、心の中に「客間」ができて、逆に人の話をよく聴けるようになります。

<雲のワーク>

 誰も聴いてくれる人がいなければ、自分で「雲のワーク」という心の整理を行います。

① 紙に地平線を引く

A4くらいの紙を横にして、下の方に地平線を引きます。地平線より上は空で、下は地面になります。

② 雲と気になっていることと気持を書く

空に雲を描いて、その中に気になっていることを書き入れます。そして、その下には、そのことを思ったときの気持ちを書きます。はっきり書きたくないことについては「○○のこと」などとしておきます。もちろん、雲は何個でも描いてください。

③ 思いつくことを地面に書く

雲と気になっていること、気持ちを書き終えたら、しばらく紙を眺めてください。この、しばらく眺めることがとても大事です。心に浮かんでくることがあると思いますので、それを、地面の方に書きます。

心の中は、気になっていることと、それに対する気持ちがセットになって散らばっているのです。それが目に見える形になることで、何から取りかかればいいのか、どんなふうな心持ちでやればいいのか、そんなことが自然とわかってきます。

前の記事

ゼロからのWordPress

次の記事

大丈夫!New!!